エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「月に始まり、月に終わる」@渡部潤一
先日(といっても去年だけど)、天文学者にして
国立天文台広報室長の渡部潤一先生にインタビューした。
そこで出たのがタイトルの格言。

渡部潤一


「『月に始まり、月に終わる』
天文ファンの間ではそう言われているんです。
子どもが最初に見るのは月で、
最後は飲みながら月をめでるような
月というのはそれだけ広くて深い対象ということですね」

こんな話を聞いたら、黙っちゃいられない。
釣りにも『フナに始まり、フナに終わる』
という有名なことわざがあるからだ。
と、ぼくが言うと、渡部先生いわく、
月の格言は、そのフナのことわざから派生したらしい。

ただ、フナのほうは少々趣が異なる。
「子どものときに手軽なマブナ釣りから入門して、
いろんな釣りをした末に、難しいヘラブナ釣りに至る」
という意味にとらえるのが一般的だ。

けど、実はそんなことないんじゃないか。
フナの場合も、月と同じ意味かもしれないというのがぼくの意見。

だって、マブナ釣りだってすごく面白いし、
実際に近所の池とか川で、
よく暇なお年寄りがやってるもの。

それに、ヘラブナはどちらかというと競技の釣り。
老練な釣り人が到達する境地としては
ちょっと違うんじゃないか。

むしろ、酒でも飲みながら月を愛でるがごとく
おおらかにマブナ釣りを楽しむほうがいい。
少なくとも自分はそうありたい。

と思うんだけど、いかがなものでしょう。
ね、釣り師諸兄。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほう
久しぶりに覗いてみました。
2008/01/16(水) 17:34:46 | URL | Tok #-[ 編集]
●に始まり●に終わる
なるほどー
でも、この先生のポーズがモデルっぽいですね。
2008/01/16(水) 23:26:33 | URL | 存在する音楽 #9RR7wghY[ 編集]
先生のポーズは
ポーズじゃなくて、本番の撮影の合間にぼくがデジカメで撮ったんです。
なんかかえって格好付けてるみたいな感じになっちゃったんですけど、この写真しかなかったもので。
2008/01/16(水) 23:37:17 | URL | かいじん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。