エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪人海仁が行く 第7回“フォッサマグナミュージアム”@『小説現代』1月号
小説現代11年1月号


水嶋ヒロはタイトルを「KAGEROU」じゃなくて

「ENJOU」にすればよかったんだ。

こうなることはわかってたんだし。
そのぐらい洒落がきいてればねえ。
ぼくが担当者だったらゼッタイそうしてる。
あ、シャレじゃなくてオヤジギャグか。この場合。

……すいません。
あまりに久しぶりなもので、
緊張のあまり飛ばしてしまいました。



博物館の原稿が掲載されました。
今回は「フォッサマグナミュージアム」。

いつかどこかで聞いたことはあるものの、
何のコトやらよくわからない。
まるで月光仮面ようなモノだけど(ふ、古い)、
これを読めばよ~くわかるはず。

そんなものわからなくていい?
まあ、そうおっしゃらずに。
日本を、いや、地球を見る目が変わりますよ。

ちなみに、なんとぼくの本名も実は齋藤智裕なんです。
ちぇ。こんなことになるんなら、
ぼくもポプラ社小説大賞に応募すればよかった。

あ、違う。ぼくも作家になればいいんだ!
それって名案!
だって作家名見ただけじゃ
どっちが書いたかわかんないじゃん。

てのはウソ。

どこを切っても齋藤海仁です。
いやはや同じ齋藤でもエラい違いだわ。

それはそうと、
ぼくのアニキが水嶋ヒロにそっくりなんだけど。

実は親戚?
そうか?
そうなのか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。