エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪人海仁が行く 第四回「貨幣博物館」@『小説現代』10月号
gendai10.jpg


8月号に続いての掲載です。

今回は難敵だったなァ。
何しろ、相手が「お金」。抽象的だからね。
得意な「生きもの」とかとは、ある意味、対極。
だけど、しっかり書きましたので、
ぜひ、お目通しを。


ところで、この連載では
ぼくは絵も描いている。

キホンは展示物や解説の補助的なイラストだけど、
描いているうちにどんどん脱線していって
いつの間にかヘンな絵を描いちゃってたりするんだよね。

まあ、たいていボツになりますが。
文章と全然合わなかったりするし。

で、今回も大ケッサク!?が生まれたのに、
例によって、日の目を見ることはなく。

どんな絵かっつーと、

okanekun.jpg

ボツで当たり前だって?

その通りですが、何か?


スポンサーサイト
「ボート釣りに行こう!」第6回@『つり丸』09年9月15日号(「デキハゼわきわきカーニバル!」とZAKOの正体について)
つり丸090915


掲載号が発売されました。
今回のターゲットは江戸川放水路のハゼ。

よく釣れる魚だよね。
1束、2束は当たり前。
人によっては10束が目標
なんてこともある。
あ、「束」は100尾のことだから、
10束は1000尾ってことですね。

最初は一人で行っていたこの取材。
でも、いつの間にやら、ザコの同行がすっかり定着した。
こちとら被写体がいるのは大変ありがたい。

ZAKO.jpg


で、このザコ、雑魚釣り隊のドレイなんだけど
実はプロのミュージシャンだったりする。

バンド名は「one track mind(ワントラックマインド)」、
通称「ワントラ」で、パートはボーカル。

公式サイトにあるとおり、
ワントラのマイスペースがあって、
こざこいまい」は彼の別のユニットだ。
mixiにも彼のコミュがあるよ。
「こざこ」で検索してごらん。

Let's check it out!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。