エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中村征夫さんに会ってきました。“その2”@『Fishing Café』
このタイトルで“その2”かよ、
と突っ込まれそうですが……。

前に同じタイトルの記事を書いたのは06年2月
このときのテーマは写真だった。
一方、今度は釣りについてのインタビューだ。

「釣りの話なので、どこかで竿でも出しながら……」
そう提案すると、中村さんは即バイト! 

「いいですねぇ。どんな釣りでもいいんですか?
じゃあ、マブナがいいな。ぼくはフナ釣りが大好きなんですよ」
と“海中2万7000時間の男”としては意外なお答えだった。
それは中村さんが秋田県の山里で育ったからだという。

そんな中村さんが日本を代表する水中写真家になり、
世界の海を撮り、そして釣りをしてきたお話は
次号の『Fishing Café』をお読みいただくとして
ここではロケ中のエピソードをひとつ。

多摩川のほとりで首尾よくマブナを釣った中村さんは
帰り際、岸辺にエサをもらおうと集まる鯉の群れを発見。

すると、じわりじわりとにじり寄って、
メッセンジャーバッグの中からカメラを取り出し、
おもむろにシャッターを切り始めた。

中村征夫さん1

最初は冷やかしという感じもあったけれど、
鯉が逃げないことがわかると、次第に熱がこもってくる。

中村征夫さん2

やがて鯉の顔をしっかり捉えるべく
あの手この手を繰り出して
結局、納得いくまで撮影をされていました。

中村征夫さん3

その様子のなんとも楽しそうなこと。そういえば、
釣りの間もギンヤンマを見つけては子どもみたいにはしゃいでいたし、
今回は中村征夫さんの仕事の本質を垣間見た気がしました。

そんな中村征夫さんの写真が大好きです。
スポンサーサイト
「Yonda?の1日」@『波』97年9月号
波97年7月号

好評の!?プレイバックシリーズ第二段です。

ごぞんじ、新潮文庫のキャラクターのYonda?君が
今年でデビュー10周年を迎えたとのこと。

10年間ですっかりメジャーになったYonda?君。
だけど、彼がデビューした97年の夏、
新潮社の小さな月刊誌『波』に
「Yonda?の1日」という日記が掲載されたことを
知る人はほとんどいない。

社内的には好評だったこの日記。
埋もれさせておくのはなんだかもったいない気がして
ここに再録させてもらいました。
Yonda?君との地方まわりか。
懐かしいなァ。
あれからもう10年にもなるのか……。

え? ぼくが日記を書いたのかって?
いえいえ、違います、もちろんYonda?君ですよ。
ぼくは「担当編集者Sさん」のほう。

というわけで、以下に全文を掲載しました。
ちょっと長いけど、ぜひ読んでみてください。
[「Yonda?の1日」@『波』97年9月号]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。