エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タッチ&ゴーで雑魚釣り隊@波崎沖の船ヒラメ
お祭りから帰って、その日のうちに茨城県の波崎へ直行した。
利根川を挟んだ銚子の対岸だ。

なんと今回は、隔号連載の相方である
「釣って開いて」の嵐山光三郎さんとのコラボ企画!
雑魚釣り隊で船に乗るのも違和感あるけど、
嵐山さん、どうやってヒラメを開くんだろか……。

おっと、他人の心配してる場合じゃない。
例によって、早朝から出航。
でもって、今回の主役はPタカさんダァ~!

Pタカさんとヒラメ

嵐山さんも良型をキャッチ↓ シーナさんも撮影しマス。

嵐山さんとヒラメ

釣りのあとはいつものとおり「海森」で釣魚料理を堪能。

海森ヒラメ

「とかく問題の多い」西澤さん(中央ですね)も
「食うだけのためにやってきた」。
シーナさんと西澤さんに
「いや、私の妻の実家は銚子でしてね」と力説するPタカさん。
なんでそんな話をするのかって?
それは3月1日発売の『つり丸』をご覧ください。
今回も大爆笑! シーナさんの原稿、絶好調でっせ!

ヒラメのエンガワ
エンガワもたっぷりじゃ。苦しゅうない。
スポンサーサイト
そして翌日からお祭りへ@広瀬神社
フィッシングショーの翌日から
『自遊人』でシーナさんが連載中の
「ニッポンありゃまあお祭り紀行」の取材で奈良へ。

お祭りネタは久々ですね。
今回もマコトに“ありゃまあ”だった。
その“ありゃまあ”さをリアルにお伝えするため&
メチャクチャ笑えるので、写真中心でレポートします。

砂かけ祭り1
妖怪”イカ様頭巾”登場!?
[そして翌日からお祭りへ@広瀬神社]の続きを読む
国際フィッシングショー2007 in 横浜
今年も行ってきましたフィッシングショー。
これまではボートショーと日程が近かったけど、
ボートショーが3月に変更になった。
おかげで、余裕があるかと思いきや、
お祭りと雑魚釣り隊の取材が続いたせいでまたまたバタバタ。
というわけで、まずはフィッシングショーのレポートから。

フィッシングショーって、要は釣り具の展示会だ。
「バズーカキャスター」という大物?がいた去年と比べると
今年は小粒揃いという感が否めない。
そのなかで、今回の敢闘賞は「いるか」に決定。
GPSを搭載した無人釣りボートです。

いるか1

バズーカキャスター同様、投げても届かないポイントに
仕掛けを運べるってことなんだろうね、きっと。
『釣りキチ三平』にそういう話があったぞ。

いるか2

買った人いるんだろか……。

でも、実はこのメーカー、去年も似たようなボートを出していた。
その名も「かもめ」。こちらは魚探まで付いていて、
お値段なんと約80万円!
売れたのかなあ。売れないだろうなあ。

それでもめげずに、また「いるか」を出してくるところがニクい。
ここまで来ると、はっきり言って商売じゃなくて趣味ですね。
好きです、こういう会社

そして、今回のイチオシはこの干物!

干物

干物2

どれでも1枚500円。
釣り人は魚料理が好きだから、つい買っちゃうな。
今までなかったのが不思議なくらい。てか、見てて楽しいし。
来年は鮮魚を期待しよう。きっと売れるよ。

以上、国際フィッシングショー2007野次馬レポートでした(^_^;)

鴨川シーワールド

今年は水族館も出展していた。これは鴨川シーワールドのマスコット。1歳のシャチ、公開中ですって。
『からいはうまい』文庫版解説by齋藤海仁サイエンスライター部
からいはうまい表紙

好評のプレイバックシリーズ第一弾!
といっても、次はないかもしれないんだけど(^_^;)
初めてで“好評”ってのがそもそもおかしいぞ。

えー、どういう企画かというとですね
ぼくが過去にやった仕事のなかで
比較的評判がよかったものを再登場させようという魂胆であります。

プロフィールのところで触れているように
シーナさんの『からいはうまい』文庫版の解説を書かせてもらいました。
これがとても好評だったんです。
おそらく一番反響が多かったんじゃないかな。
アマゾンのレビューでもホメられたりしてるから。

どんなハナシを書いたのかというと
タイトルは「からいはホントにうまいのか」。
副題はないんだけど、付けるとすれば
「辛味とうまさについての
生物学脳科学および文学的考察」とでもいいましょうか♪
「人生の何の役にも立たない
ウニ・ホヤ・ヒトデの研究」経験を生かして
文献なんかも参考に、がっちり書いてます。

普通は文庫の解説にタイトルなんかつけやしない。
ましてや参考資料リストもない。
でも、原稿も解説としては異常に長かったので
特別にタイトルを付けた次第。

かなり理屈っぽいですが、
機会があったらぜひお目通しください。
辛さの秘密がよくわかると思いますよ。
ちなみに、ぼくは辛いものが大の苦手です(>_<)

からいはうまい裏表紙
↑クリックすると紹介文が読めます。
福岡でも開催@椎名誠写真展「ONCE UPON A TIME」
写真展ロゴ

写真集『ONCE UPON A TIME』出版記念・椎名誠写真展が
福岡でも開催されることが決まりました。

会期:07年3月4日(日)~10日(土)12:00~20:00 最終日18:00 
会場:青山ブックセンター福岡店4Fギャラリー 【入場無料】
    〒810-0001 福岡市中央区天神2-7-14天神アクティビル
    TEL:092-722-3330 www.aoyamabc.co.jp

3月4日には、サイン会とおはなしの会もあります。
●椎名誠サイン会 写真展会場内 時間:11:30~12:30
●おはなしの会「むかしむかしあるところに」 時間:14:00~15:30
  会場:NTT夢天神ホール(250全席自由)福岡市中央区天神2-5-35                           岩田屋本館7F
  入場料 前売り1200円・当日=1500円  
 [チケット取り扱い]青山ブックセンター福岡店・(有)ノーヴス

お問い合わせ:有限会社ノーヴス 
Tel:092-761-1616(月~金/10:00~18:00) fax:092-761-1770

会場では写真集と写真を販売します。おひとついかがでしょう。

福岡かぁ。もつ鍋とか水炊きとかラーメンとか、うまかっちゃん♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。