エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わしらは怪しい雑魚釣り隊、カツオ大作戦!
「魚といえばカツオ!」
声を大にして常々そう言っている
シーナさんの大好物に挑戦する日がついにきた。

さすがにカツオは陸じゃ釣れない。
今回は大磯港から出船して
相模湾に回遊したメジ・カツオをねらう作戦だ。
ちなみに、メジはクロ(本)マグロの幼魚のことですね。

シーナ隊長
カツオ釣りに出撃するシーナ隊長。メジ・カツオ船の朝は早い。
雑魚ねらいじゃないけれど、大好物を釣るとあってとてもうれしそう!?


毎年、秋になるとメジとカツオが回遊してくる相模湾。
だいたい9月くらいからスタートして、
木枯らしが吹き始める頃まで釣れ続く。

釣果は初期のほうが安定しているものの
終盤になるほど型がよくなり、
釣って楽しいし、脂も乗ってぐぐっと旨くなる。
よって欲張りな雑魚釣り隊が相模湾に浮かんだのは
木枯らし1号が吹いたあとだった。

この釣りの特徴はやたらとヒマな時間が長いこと。
船を走らせている間、魚探に魚の反応が出てから竿を出す釣りだから、
魚群がいなきゃタダのクルージング。
大半の時間、ずっとこんな具合である。しばしご歓談をってな感じ。

六熊丸

でも、魚が掛かると一気にアドレナリンがでまくって
船上はまさに戦場と化す。
そのギャップもいいんだよなァ。

さて、その結果は……
12月1日発売の『つり丸』でご覧いただくとして
この日は漁もしている船宿からカマスもいただいた。

お土産のカマス
アカカマスとシロムツ。シロムツはワキヤハタとオオメハタの総称です。

相模湾のアカカマスといえば高値安定の人気者。
「絶対刺身で食えよ」という船頭の言葉どおり
刺身で食べたら、メチャクチャうまかった♪
最近、乗合船が出始めたのも納得。
サワラにも引けを取らない、脂が乗った美味な白身でした。

カマスニコパチ

“手タレ”はなんとシーナさんです。
すんません、表情があまりにも魅力的だったもので、つい……。

スポンサーサイト
魚偏(さかなへん)に☆と書いて…寿司魂@「漢検DS」
漢検DS

任天堂DSの人気ソフト「漢検DS」。
これに「寿司魂」というお遊戯がある。
魚偏の漢字が45字、ランダムに現れて
その読み方を当てるというものだ。

仕事柄、こういう問題には強いと自負していたものの、
残念ながら全問正解はならず。
間違えても読み方を教えてくれないところがまた厄介。

で、どんな漢字が出てくるのか。
実際には毎回順番が変わるけど、
独断と偏見で、5字ずつに分けて紹介しちゃいます。
[魚偏(さかなへん)に☆と書いて…寿司魂@「漢検DS」]の続きを読む
怪しい雑魚釣り隊の美味しい大名鍋
でもって、翌日は雑魚釣り隊で外房の小湊へ。
いつの翌日かって?
そりゃ前のエントリーの岡山取材ですよ。

つり丸061115

いやはや、ブログの投稿をすっかりサボてたもんで、
このときの記事が載った『つり丸』がもう発売されちゃった(汗)。
もっとマメにやらないとイケマセン。Pタカさんのおっしゃる通りですネ。

大名鍋

それにしても、この鍋のうまかったこと。
見てくれ最悪(T_T) でも、味は最高!(*^_^*)!

それもそのはず、西澤兄貴率いる
カニ取りドレイ隊のショウジンガニに加えて、
ぼくが岡山から運んだ魚と
ヒグチ編集長が持ってきたワラサ&
ウマヅラ(キモ入り!)までブチ込んだんだ。

こんなに豪華な鍋は初めて。
これじゃ雑魚鍋じゃなくて大名鍋だ。
最後のうどんはモンゼツものですゾ。

内浦山県民の森キャンプ場

すみません。いい写真がないんです。
次回の雑魚釣り隊に乞うご期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。