エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「釣ったんじゃない、釣れたんだ!!」@宮浦マリーナ(岡山県)
ともかくもアナタまかせの釣査隊-。
まいどロコアングラーに釣らせてもらってるこの企画、
今回は岡山県の宮浦マリーナへ行ってきた。

宮浦マリーナは、岡山市街地の約10kmほど南東、
児島半島北岸に位置している。
レンタルボートの航行区域は小豆島から瀬戸大橋まで。
その距離だけでも約50kmと相当広い。
1日じゃとても回りきれないので、
今回はしっかり2日間かけて釣査することにした。

初日のターゲットは、岡山名物のママカリ!とイイダコ。
ファミリーフィッシングのターゲットとして親しまれているだけあって、
どちらも簡単に釣れる。

ママカリ

ママカリはサッパのことで、
ママ(飯)を借りにくるほどうまい、が名前の由来とか。
キビ団子と並ぶ岡山の星だ(と思うのはぼくだけ?)。

イイダコ

瀬戸大橋のたもとに下津井という有名な漁港があって、
マダコとイイダコはその名物。
下津井は瀬戸内海でも有数の漁港で、
足でスロットルを操作する”フットコントロール”がご当地流。
このへんの艤装も興味深いんだけど、
船についてはまたの機会にいたしましょう。

釣り場で驚いたのはボートの数だ。
平日のまっ昼間だというのに、
どちらのポイントにもたくさんボートが並んでいた。
さすがボートフィッシング天国の瀬戸内海。
いったい休日はどんなことになるのやら。


2日目は、小豆島周りでマダイねらい。
鳴門海峡のお隣でもあり、
今の時期は大ブレイク中のタイカブラによる流し釣りが主流だが、
今回はあえてお気楽なアンカリングでのブッコミ釣りをやってみた。

エサはユムシの一種のコウジ。
そういえば、雑魚釣り隊のドレイが釣ってましたね。

コウジ2

見た目はキモいかもしれないけれど、
さわるとキューッと硬くなって、握るとピューッと水を吐く。
慣れてくると意外にういヤツ!?

コウジ
「スーパーコウジ」君なんてのもあるんだよ。

この釣法が釣れるのなんの。
ひっきりなしにアタリが訪れ、実質、数時間でこの釣果。
いやはや、たまげました。

ブッコミ釣果

コウジを使うとエサ取りにわずらわされないのがいい。
今度東京湾でもやってみよう。
ポイントには心当たりがある。絶対釣れるはずです。

小豆島から瀬戸内海までの海域は、
地形も潮も複雑で、ポイントは目白押し。
実に釣りがい、開拓しがいのあるエリアでありました。


さてさて、今回のタイトル、
「釣ったんじゃない、釣れたんだ」は
釣り人の台詞としちゃ逆ですが、
なぜあえてこんなお題目にしたかは、わかる人にはわかりますね(o^-')b
そう、くじらです。

「釣った」にこだわる必要はまったくないと
常々ぼくは思ってるんだけどなあ。
「釣れた」で充分じゃない。
だって、一番大事なのは「運」なんだからさ!

直島カボチャ

「ベネッセアートサイト直島」のカボチャ。
さすが世界の草間彌生。お見事。
スポンサーサイト
ボート川柳@『ボート倶楽部』
BC11月号

10月5日に発売された
舵社『ボート倶楽部』11月号の190ページ。
そこにライター2名+編集者4名が書いた
川柳と短歌の短冊が並んでいる。

『ボート倶楽部』は12月5日発売の
07年1月号からリニューアルされる予定。
そこで「読者のページ」に川柳・短歌のコーナーを作るべく、
まずは募集をかけるために作(悪?)例を示したってわけ。

このなかにぼくの川柳も含まれている。
フリーランスなのに、ここに参加できたのはとても光栄なこと。
だって、ライター代表としてお声がかかったわけだからね(たぶん)。

新たに募集するのは川柳と短歌なんだけど、
ぼくは締め切り間際まで提出しなかったため
直前になって編集長から
「なるべく川柳で」とのお達しが。
先に出した人はみな短歌だったらしい。
しかも、複数作ってほしいとのことだったので、
ぼくは全部で5つの川柳を送ってみた。

そもそもお遊びのこの企画、
「こんなもんでいいんです。」とページの真ん中にあるとおり、
どれも全然たいしたことないんだけど、採用されるのは1句だけ。
残りをお蔵入りさせるのは、なんとなくもったいないから
ここで紹介させていただきます。


 渋滞も車線もないからいい気持ち

 船で船漕いで落とした竿悲し

 船で船漕げば極楽ここにあり

 鳥山を追った釣果は糞ひとつ


横書きだと雰囲気出ないなぁ。
写真もあったほうがいい。今度撮影しておくか。

でもって、選ばれた句は

 ともかくもアナタまかせの釣査隊

でした(川柳にリンク貼れるってすごいな)。
隊長はいつもみなさまのおかげで釣らせてもらってますからね。
蛇足ながら言っておくと、
これは小林一茶の本歌取であります。

みなさんはどれがお好みですか?
児島玲子のアナタと釣りたいっ!@『つり丸』
雑魚釣り隊が毎度お騒がせしている『つり丸』の
10月15日発売号から
釣り番組「釣りロマンを求めて」でおなじみ
コジレイこと児島玲子さんの新連載(隔号)がスタートする。

タイトルは「児島玲子のアナタと釣りたいっ!」。
その栄えある第一回目のお相手を務めてまいりました。
彼女のHPの「diary」をクリックすると別の写真が出てきます。10月3日のところ)。

どうしてぼくなのかって?
そりゃ玲子ちゃんのご指名に決まってるでしょ。

というのはウソ。この連載は読者の参加を募る企画。
なので、告知ができない初回だけは相手役を用意する必要がある。
玲子ちゃんは「海仁さんを誘っちゃいました」って書いてくれたけど、
「アナ釣り!」(勝手に省略)の担当者が
たまたま雑魚釣り隊と同じくコンちゃんだったから、
玲子ちゃんの友人であるぼくにお鉢が回って来た次第。
とまあ、そんなとこでしょう。

コジレイ1

ターゲットはようやく好期を迎えたカワハギ。
ついに今年も始まりました。
船宿はぼくの地元、鴨居大室港の五郎丸だ。

五郎丸

それにしても、今日は楽しかったなァ。
カワハギじゃボウズはないから気が楽だし、
別に竿頭をねらうとか対決とかじゃないんで
目くじら立てて釣りをする必要もない。
原稿も写真もノルマは皆無。
これほどプレッシャーのない取材は初めてだ。

もちろん、一番は玲子ちゃんがいたからだけどね。

コジレイの魅力をいまさらぼくが書きたてることもないでしょう。
でも、ひとつ言っておきたいことがある。
それは彼女が個人の釣りの楽しみ方をとても大切にしていること。

一緒に竿を出しているとそれが伝わるから、
こっちもますます楽しくなってくる。

実はテレビや雑誌に出ている人たちって
メーカーの肩を持ちすぎるきらいがある。
釣りでは道具が重要だから、
それはそれでいいときもあるけれど、
結局、メーカーの色が前に出すぎて
その人の個性や顔が見えてこないんだ。

そんななかにあって、
玲子ちゃんは人間的な魅力にあふれた貴重な存在。

コジレイ3

釣りの魅力って、本来はとても個人的なもの。
人によっていろんな楽しみ方があるはずだし、
そういう部分を伝える人がもっと活躍してもいいと思う。
その意味じゃ椎名さんと嵐山さんの連載に挑んだ『つり丸』はエラい。

ニコパチ

というわけで「児島玲子のアナタと釣りたいっ!」ごひいきに。
「脳!‐内なる不思議の世界へ」見聞録
brain and mind

ひょんなことから東北大学の大隅典子先生と縁ができ、
「脳と学習」研究プロジェクトの広報誌「Brain and Mind」第4号で、
「脳!‐内なる不思議の世界へ」のレポートを書かせていただいた。

ぼくがこの企画展を見たときは、
まだ日本科学未来館で開催中の5月下旬のこと。

脳展

会場は3つのパートにわかれていた。
第1部は約150点もの脳の標本が並ぶ「わたしの脳がたどってきた道」。
第2部は参加型の展示で
脳の仕組みや働きを楽しみながら体験できる「わたしの脳がつくる世界」。
そして第3部は脳の変化に注目した「変化するわたしの脳」。

これほど本格的な脳の企画展は日本初。
個々の展示は非常に興味深く、実に面白い。
第1部と第2部の間には、
なんとあの南方熊楠の脳の標本があった。
もちろん本物だ。

詳細はオフィシャルのHPでご覧いただくとして
すべてを見終わったときの率直な感想は
「わかったような、わからないような」(笑)というもの。
(もちろん記事にはこんなこと書いてません)

物書きの端くれとしては誠に申し分けない表現だけど、
これには理由がある。
なぜなら、脳の研究そのものが
「わかったような、わからないような」段階だからだ。

これまで脳の研究は、いろんな分野でばらばらに行われてきた。
ところがここにきて、ヒトの脳の全体像をとらえようと、
医学、分子生物学、イメージング、遺伝学、心理学、言語学など
ようやく分野間の連携が成立するようになった。

でも、それはまだ始まったばかり。
つまり、ようやくヒトの脳がおぼろげながら
わかりかけてきたヨチヨチ歩きの段階なのだ。
今後、研究がすすめばますますわかってくるに違いない。


「Brain and Mind」はかなり専門的なので、
それ相応のレベルで書いています。
いずれプロジェクトのHPでpdfを見られるようになるはず。
そのときはまたお知らせします。
また、事務局にリクエストすれば、掲載号を送ってもらえるみたいですよ。


なお、「脳!‐内なる不思議の世界へ」は
今後も以下のスケジュールで開催される予定です。
興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

●10月7日~12月3日
愛知県・名古屋市科学館

●07年3月3日~5月13日
大阪府・大阪歴史博物館

※日程、会場は変更になる可能性もありますので、
ご来場の前には必ず会場にお問合せください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。