エディター、ライター、怪しい雑魚釣り隊隊員などをやっている齋藤海仁(さいとうかいじん)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビに出ます。
(Fishing Café公式サイトより)
Fishing Café公式サイトより)(画像クリックで拡大)

 いまぼくがやっているナショジオの仕事と、子どもの頃からずっと親しんできた釣りのひとつである東京湾のマダイ釣りを紹介してくれました。

釣りビジョン Fishing Café
「第57回 分からないのが面白い 溢れる不思議を求めて」

http://www.fishing-v.jp/fc/?p=89&pcd=8417380

 なんと1時間! 大丈夫なのか!? と思ったけれど、さすがプロ。ぼくの取材現場までついてきてくれたり、釣り場近くの博物館に行ったり、東京湾の鯛釣りの歴史を掘り下げたりしていろいろ盛り込んでくれました。スタッフががんばって撮影した合間合間の風景カットも見事です。番組のサイトには30秒ほどの紹介動画があるのでぜひどうぞ。

 釣りビジョンはプレジャーボートの釣りを基本的にやらないそうなので、ぼくがいちばん好きなボートフィッシングではありませんが、いろんなことを学んだ東京湾のマダイ釣りに焦点を当ててもらえたのはうれしかったな。

 釣りでは、鴨居で何度もバラシたのが痛恨……。慣れないタックルでイマイチ勝手がわからなかった、というのは言い訳だけど、カメラを意識しなかったといえばウソになります。慎重になりすぎちゃった。それにしても、無謀にも手釣りを激賞するところをそのまま使ったシマノの懐の深さに感謝です。ま、あの場面がないと番組は成立しないけどね(笑)

 BS釣りビジョンという有料チャンネルなので、見られない方も多いとは思いますが、もし機会があったらぜひ見てみてください。再放送もたっぷりあるよ! それから雑誌のほうも。フリーの時代にライターとして関わってました。「Fishing Café」、ホントにいい雑誌です。

 それにしても、こんなにちゃんと自分のことを紹介する映像をプロに作ってもらえるなんて滅多にありません。死んだら棺桶に入れてもらおっと。
スポンサーサイト
ボートフィッシングバイブル
BoatFishBible-obi1.jpg

ただいま各所で在庫切れになっていますが、目下、増刷に向けて作業が進行中です。

2刷では修正、加筆をして、
さらにパワーアップしたバージョンをお届けいたしますので、
いましばらくお待ちください。
いま買うならゼッタイ2刷がお得ですよ!

ついでに『なんて面白すぎる博物館』もよろしくお願いします。

217957-2.jpg

こちらは絶賛発売中です。
テレビに出ました。しかも生放送!
五畳半の狼
(写真クリックで拡大)

といっても、有料専門チャンネルなんですけどね。
釣りビジョンの「五畳半の狼」。
1時間のトーク番組でした。
1時間のトークって長い!

まあ、実質的には20分ハーフだったけど、
(半分が釣りで半分が博物館)
生放送どころか、テレビの現場は初めてでもあり、
とても面白かったです。

番組はほぼネットで見られるので、
ぜひご覧になってみてください。

『五畳半の狼』「おもしろがリスト齋藤海仁SP 狼的おもしろがリストができるまで」 http://www.fishing-v.jp/wolf/579.html

お恥ずかしい写真も出しちゃいました(^_^;)


生はやっぱり緊張感がありますねえ。

この緊張感は何かに似ていると思ったら……

魚を掛けたとき!

「バラしたらそこで試合終了」的な一期一会は
編集可能な収録や執筆とはまったく違っていて
だからこそ面白かったです。

その時々でベストな発言、対応をしなきゃって
テンションあがりますね。

ぼくは初めてだったので、
そこまで状況はつかめなかったけど
MCの菅原さんのテンションが高いのは
きっとそのせいなんじゃないか、と思った次第。

それにしても、菅原さんはいい声してました。
しかもナショジオの愛読者!
さすがジョースター卿!!ww

ぎのっちもかわいかったです。
ナショジオも読んでくれたみたいです。

お二人ともありがとうございました。

TFM「アポロン」出演@GWにおすすめの博物館
もうGWも終盤ですが、
5月1日に放送された内容がネットに出ているのでご報告です。

『博物館マニア厳選!2013年のゴールデンウィークだからこそ盛り上がる、いつ行くの?今でしょ!な博物館』

GWが過ぎてもまだやっている展示もありますので、
ぜひ記事をご覧になってみてください。
なんて面白すぎる博物館 インタビュー記事です
NEWSポストセブンの記事がアップされました。

「日本に5752ある博物館「面白さはHPを見ればわかる」と専門家」

ぼくは常々「博物館は愛」ゆえに
「博物館は人」だと思っています。
展示やテーマに愛をもつ人がいれば博物館は面白くなります。
ハコやモノだけじゃないんだよね。

ポストセブンの記事を少し補足すると
その意味をわかってもらうには
神奈川県立生命の星・地球博物館と一緒に
真鶴町立遠藤貝類博物館の両方をぜひ訪れてみてください、
とおすすめしたのですが、貝のほうは掲載されませんでした。

紹介できるのは3館ということだったので仕方ありません。

けど、ぼくはできれば同時にみてほしい。
県立のほうは、予算もたくさんあって立派な一方、
遠藤貝類博物館は個人のコレクションを展示しています。
つまり、とても対照的なんです。
そしてどちらもいい博物館です。
小田原と真鶴だから一緒に行けますよ。大変だけど(笑)

「博物館は愛」ということは拙著『なんて面白すぎる博物館』の
「蝶館カビラ」の章に詳しく書いたので、ぜひ読んでみてください。
博物館は男の夢ですよ!
あ、あと不動産経営も(笑)

IMG_5433.jpg

毒蝶のサナギ。本では白黒しか見せられず、残念だったのでここにアップします。
でも、カラーでも伝えきれないなあ。だってキラキラのメタリックなんだもの!

IMG_5468.jpg

「蝶館カビラ」オーナーの入野さんご夫妻。
蝶館カビラのHPはこちらです。ぜひご覧ください!

bayfmのラジオ番組「フリントストーン」のテキストもアップされました。
http://www.bayfm.co.jp/flint/

こっちのほうが長い分、詳しく書かれてます。
放送を聞かなかった方はぜひ。
たぶん次回が放送されたらバックナンバーに収納されるはずです。

ではではー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。